2016/09/23 ■ 無線化デスクトップ環境を構築し家庭内ノマドの民となる Twitterでつぶやくこのエントリーをブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

20160811_113500

ノマド(nomad)は、英語で「遊牧民」の意味。近年、IT機器を駆使してオフィスだけでなく様々な場所で仕事をする新しいワークスタイルを指す言葉として定着した。このような働き方をノマドワーキング、こうした働き方をする人をノマドワーカーなどと呼ぶ。
知恵蔵2015から/コトバンク

我が家でも先日大幅な模様替えを実施した結果、華麗に私の書斎部屋が子供部屋にジョブチェンジ(あるある)、私の作業スペースは「リビングのどこか」となりました。

この場面で便利なのはノートパソコン。普段持ち歩けないような大きいサイズのノートPCが売れているのはまさしくこういう「自宅内モバイル」使用目的かと思います。しかし、私の自宅での普段使いのPCは丹精込めて作り上げたVR Readyでパワフルな水冷ポータブルゲーミングデスクトップです。どうしたもんかな、と考えた結果、このデスクトップPC環境を家庭内モバイル運用することにしました。

2016/09/16 ■ Pokémon GO Plus(ポケモンGOプラス)を「開ける」よ!!! Twitterでつぶやくこのエントリーをブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

2016-09-16 11.03.08

発売前から「自作チャレンジ」などしていたこともあり、興味津々のポケモンGOプラス。本日9月16日ついに発売になったので、さっそく入手し「開けて」みました!!!!

2016/09/13 ■ Pokémon GO Plus (ポケモンGOプラス)自作チャレンジ! Twitterでつぶやくこのエントリーをブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

2016-07-27 20.46.13

ポケモンGoと接続するデバイス「ポケモンGOプラス」の発売日が9月16日と決まり、いよいよポケモンGo本体にもアップデートでPlusと接続する機能が搭載されました。

となるとなんというか、小型ガジェット+自作クラスタとしては自然と「自分でつくってみたい!」ないしは「ポケモンGOプラスを自分のアプリ/デバイスから制御してみたい」という欲求に繋がるわけです。このblogを読んでいるようなみなさんも当然そうですよね?

うち「自分のアプリから制御する」ほうは発売日後のおたのしみとして、とりあえず「ポケモンGOプラス相当のデバイスを自作できるか」チャレンジしてみることにしました。

2016/09/10 ■ 「よいUSBケーブル」のすすめ Twitterでつぶやくこのエントリーをブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

2016-09-10 19.17.27

先日自分のモバイル環境(携帯しているバッグの中身)をご紹介しましたが、ここでも「安定性を重視」と書いたとおり自分はいまUSBケーブルには少しこだわりがあります。

これまで100円ショップで売っているUSBケーブルを使い倒してみたり、充電/通信ケーブルを混在させていたりといろいろと試行錯誤してきました。しかし、以前ならともかくいまは「充電専用ケーブル」「100円ショップのケーブル」で試行錯誤する必要はほとんどなく、「良い通信対応USBケーブル」を持っておくべき、と考えています。

2016/09/08 ■ 時代はいまデュアルセンサー・カメラ!Huawei P9を3ヵ月みっちり使い込んだ Twitterでつぶやくこのエントリーをブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

20160724_194709

iPhone 7がデュアルセンサー・デュアルレンズのカメラを搭載すると発表されましたが、実はいまでもLEICAと共同開発、との触れ込みで「デュアルレンズ」なカメラを搭載した、SIMロックフリーなスマートフォン「Huawei P9」が販売されています。実際のところこのカメラの実力はどうなのか、そしてこのスマートフォン自身の使い勝手はどうなのか、発売日から3ヵ月弱、みっちり使い込んでみましたのであらためてレビューしてみたいと思います。

2016/09/06 ■ ポケモンGo時代のボディバッグひとつでフルカバーするモバイル環境2016 Twitterでつぶやくこのエントリーをブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

2016-09-06 10.49.05-1

みなさんポケモンGoプレイしてますか!?
ポケモンGoを始めてから、屋外で活動する時間が増えてきています。が、我々ネットワークジャンキーとしては「インターネット」と「電気」は空気みたいなもので、無くなると呼吸できなくてしんでしまいます。ですよね?

なので、屋外稼働時間が増えてくる、ということはいかに効率的に、常に持ち歩ける機材量で、呼吸を続けられるか。あらゆる条件で、困らない、ひととおりの環境を携帯できるか。そんなようなことを考えてしまうわけです。

というわけで。本日は、2016年夏現在の私の携帯呼吸環境…もとい、モバイルセットを紹介したいと思います。

2016/08/21 ■ 小型・折りたためる・安価!スマートフォン用ブラシレスジンバル「X-CAM SIGHT2 Creative Sight」 Twitterでつぶやくこのエントリーをブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

xcam

スマートフォンのカメラ性能がどんどん上がっているいま、普段持ち歩いている電話以外に「カメラ」を持つことが本当に少なくなりました。しかし、走り回る子供を撮影するとなると話は別。専用ビデオカメラの手ぶれ補正機能はいまだに捨てがたい魅力があります。

しかし…撮った後のファイルの取り回しのことも考えると、やはりスマホで撮れるものは撮っておきたい。というわけで、実は最近私はスマートフォンのほかにブラシレスジンバル(カメラスタビライザー)を常に持ち歩いていたりします。(持ち歩いている装備については次のblog記事をごらんください)

で、これがなかなか具合がよろしい。ジンバルをつけて動画を撮るのはとても楽しくて、スマホカメラの使い方が明らかに変わりました

ところが…楽しいんだけど、やっぱり、ちょっとだけ、邪魔なんですよね。邪魔っていうか鞄の中とか(装着したあと使わない場面での)手の中とかでの収まりが悪い。うまくたためる、コンパクトなジンバルがあればいいのに…!

と思っていたら出てきたのがこれ。X-CAM SIGHT2 Creative Sight。というわけで、さっそく試してみました。