2017/07/23 ■ 圧倒的な没入感!3面マルチ投影で映画が楽しめる劇場「ScreenX」の座席ベストポジションはここだ Twitterでつぶやくこのエントリーをブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

IMG_20170723_093432930

2017年7月1日から日本でも導入が始まった新次元3面マルチ上映システム「ScreenX」。現在のところ国内ではユナイテッド・シネマ アクアシティお台場のみに導入されている、あたらしい映画の投影システム正面のスクリーンだけではなく、側面にも映像を拡張することで圧倒的な没入感を得ることができる、まさにあたらしい映画体験と言えます。

この「ScreenX」、側面にも映像が登場する(シーンがある)ということで、通常の映画とは視聴にあたり「ベストポジション」が異なります。せっかくの新次元映像体験、ベストな場所で見たい…!という場合は、どの座席を選べばよいのか。見え方とともに解説したいと思います。

2017/07/14 ■ GPD Pocketにジャストフィット!小型ボディバッグで持ち運ぶ必要十分なデジタル仕事セット Twitterでつぶやくこのエントリーをブックマークに追加このエントリーを含むはてなブックマーク

IMG_20170714_101333982

昨年「ポケモンGo時代のボディバッグひとつでフルカバーするモバイル環境2016」として「いかに効率的にボディバッグひとつにありとあらゆる状況に対応するモバイル環境を詰め込むか」という試みをご紹介しました。が、その後主軸となるモバイルPCが(この当時はまだ完成していなかった)GPD Winに移行し、念願のBluetoothトラックボール発売、さらにはGPD Pocketへ…となるにつれ、わずか1年で自分にとっての「モバイル環境の最適解」が変化してきました。この1年すごい!モバイルマニア感涙!機材の組み合わせ考えるだけで超たのしい!…ので、現時点での自分の最適解をご紹介いたします。

前回の記事は「屋外をアクティブに活動しながら電源・ネット・PC環境をどんな状況でも切らさない」というのがコンセプトでしたが、今回は「ストレスなくカフェなど外出先で仕事できる環境をミニマルに持ち運ぶ」のがコンセプト。なので機材量がどんと減りだいぶおとなしくなっています。

「GPD Pocketを持ち運ぶカバンは何がいいんだろう?」という人向けに、ちょうどよいサイズのボディバッグもあわせて紹介します。